離婚時に慰謝料を請求するために浮気調査をする

離婚は安易には行なえません。
夫が働いていて妻が専業主婦の場合、妻は収入がなくなります。
子供がいれば養育費は請求できますが生活費までは請求できません。
財産は分けることが出来ますが、それで一生生活できるわけでもありません。
共働きで働いているとしても妻の方の収入がそれほど高くない場合はそれで生活するのは難しいことがあります。
離婚をするときに少しでもお金が得られる方法を取っておく必要があります。
そのために浮気調査を利用します。
離婚の方法として協議離婚があり、これは夫婦間の話し合いだけになります。
財産分与や慰謝料も話し合いで決まれば問題ありません。
しかし協議では話が付かず、調停、裁判となったときは慰謝料を受けるにはそれなりの証拠が必要になります。
浮気調査ではどのような証拠が浮気として認められるかを知ってくれています。
その上で必要な調査をして、証拠を裁判のときなどに出せるようにしてくれます。
うまく証拠が得られれば、慰謝料を請求できます。