浮気調査をして相手から慰謝料を請求する

職場では男性と女性が一緒に仕事をすることがあります。
仕事上では互いに助けたり、手伝ったりすることがあるでしょう。
その中で互いに男女を意識することが出てくることはあります。
互いに独身であればお付き合いなどをしてから結婚などに進むこともあります。
しかし一方が結婚をしていて、一方が独身の状態で男女を意識しあうようなこともあります。
結婚をしている男性の方に独身の女性が惹かれてしまって一定の関係が出来る場合があります。
男性の方には妻がいます。
妻としては許せることではありません。
このときに男性側が結婚をしていることを知らせずに交際をしていたなら女性に責任は追及できません。
浮気調査をしても女性側には何もいえない場合があります。
でも会社などでは結婚しているかどうかはある程度わかっているはずです。
このときには浮気調査をしてもらって証拠をつかんでもらいます。
そうすることで相手の女性から慰謝料を請求できる場合があります。
証拠が必要になります。